ヘアカラーに入っている主な成分は?

美容院のカラーリング用の溶剤の中に入っている主な成分は大きく二つあります。

チェックボックスジアミン系酸化染料
チェックボックス過酸化水素水
以上の成分が挙げられます。

過酸化水素でまず髪を脱色し、髪の色がぬけたところへ染色していくのが、美容院でのカラーリングの特徴ですね。でも、この毒性については、髪や頭皮へのダメージ以外に人体にも悪い影響があると言われ、なるべく若いうちから定期的に使うのは避けたほうがよさそうです。


過酸化水素を使ったカラーリング製品の特徴

チェックボックスメラニン色素を分解して脱色し、色を新しく入れていくので、染まりがよい
チェックボックスうまく使えば髪に艶を出すことも可能だが、使い方を間違えると髪がひどく傷む。

もう少し、この危険な成分について詳しく調べると、ガン発症の危険が通常の10倍もあるとも言われているので、極力させていきたいものです。


代表的な白髪染めトリートメントの成分
チェックボックス昆布、クチナシ、ウコンなどの自然染色成分
チェックボックスアロエ、はちみつなどのトリートメント成分
チェックボックスミネラル、フコイダンなど

白髪染めトリートメントが染料としているものは、自然由来のものが多く、また分子の大きさが大きいので髪の内部に浸透することが難しいのです。髪の表面にしっかりくっついて、マニキュアのような役割を果たしているのが白髪染めトリートメントなのです。

関連記事

ページ上部へ戻る